未分類」カテゴリーアーカイブ

示談交渉と示談金

交通事故の被害者の症状が落ち着いたり、完治をしたりすれば示談交渉が始まります。元々は事故が起きてから、どのタイミングでも交渉というのは行うことができるものです。しかし、事故の起きてすぐというのは状況がわからないですし、後から症状が変わることもあります。そこで、交通事故の示談交渉としては、少し時期を待ってから始めることが一般的です。特に、障害が出た場合には状況が落ち着いて診断名が決まってから行う方が正確な交渉ができるようになります。

交渉が始まると、基本的には保険会社が交渉を行って行きます。加害者側の保険会社の担当員が保険に応じた交渉額を提示して行きます。ただし、保険会社というのは早めに対応を済ませた方が案件を長期的に抱えることがなくすむために動きが速いこともあります。相手の状態によって示談交渉の時期を保険会社とも相談をしておくことが重要です。示談が成立しないといけないと急ぐのには理由がいくつかありますが、人と人との関係であるために、やはり相手の気持ちを重要視することも忘れてはなりません。交渉が決裂した場合には、最悪の場合には弁護士が間に入って裁判所での和解が必要となります。お互いが納得できる交渉になるよう誠意を持って話し合うことが重要です。