事故が起きた時の対応

交通事故が起きたら、まずは警察への通報が必要です。事故が起きた際には、多くの人がその際に怪我の有無、故障の有無を確認します。その場でお互いに特に怪我がなかったり車に損傷がなかったりすれば問題ないとしてすぐにその場を離れてしまうものです。特に歩行者や自転車との事故の時には、相手にも自分に非があるという気持ちがあるために、少し痛かったとしても大丈夫とその場を慌てて離れてしまうケースがあるのです。

しかし、事故というのは必ず通報する義務がありますから、必ず事故が起きたことを通報して調書を作成してもらわなければなりません。また、交通事故での怪我というのはすぐに症状が出ずに少し時間が経ってから出てきてしまうものです。怪我をしていないと感じても、少し時間が経ってから体に異変が出るということも多くあります。そこで、そのような時に対応をしてもらうためにも、調書を作成しておかなければ保険がおりないことがありますから、事故の規模や痛みの有無に関係なく必ず通報する必要があるのです。通報をすると、警察が来て双方に話を聞いて著書を作成します。万が一相手が逃げたとしても通報をしてその旨を含めての調書を作成するのです。

コメントは停止中です。